群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
トップページ >> 展示 >> 開催中の展示
展 示
 - 開催中の展示
矢印 企画展示
矢印 コレクション展示

企画展示

長島有里枝×竹村京「まえ と いま」
 長島有里枝(1973- )はデビュー以来身近な人をモデルや協働者に、社会における家族や女性のあり方を問う作品を発表し続け、2001年には第26回木村伊兵衛写真賞を受賞。文章の執筆や映像、立体作品の制作など、現在はジャンルを超えた活動をおこなっています。長島の母方の祖父母は群馬県高崎市出身で、短編集『背中の記憶』(2009年、講談社)には高崎の親戚の家で過ごした幼少期のエピソードや、大好きだった祖母の記憶が鮮やかに綴られています。長島はこれまでもその祖母が撮った古い花の写真を作品のモチーフにしてきましたが、本展では祖父母の遺品を使った新作も加え、家族それぞれが生きた時間と自らの現在を接続させます。
 竹村京(1975- )は2000年ドイツ、ベルリンに留学し、2006年にはシドニー・ビエンナーレに出品するなど同地を拠点に世界各地で活動を展開。写真やドローイングの上に刺繍を施した布を重ねた作品によって、失われたものの存在やその記憶をとらえています。2015年に帰国して高崎に居を構えた竹村にとっても、家族とそれにまつわる記憶は制作の重要なテーマです。今回は東京の実家の取り壊しと両親の高崎への移住を機に、東京と高崎、過去と現在をオーバーラップさせ、群馬で生み出された最新の絹糸も用いて記憶や時間の作品化を試みます。
それぞれ第一線で活躍する同世代の2人の作家の「まえ」と「いま」が高崎の地で交差し、個々の物語を超えて広がります。

 長島有里枝

1 長島有里枝『過去完了進行形』より《ミモサ、アカシア》 2019年 2 長島有里枝『SWISS』より 《祖母の花の写真のインスタレー ションショットNo.1》 2007年
3 長島有里枝「拡張するファッション」展 展示風景
1 『過去完了進行形』より《ミモサ、アカシヤ》 2019年
2 『SWISS』より 《祖母の花の写真のインスタレーションショットNo.1》 2007年
  東京都写真美術館蔵
3 『I am You are Me』より 2014年 水戸芸術館蔵
 「拡張するファッション」展(水戸芸術館現代美術ギャラリー、2014年)展示風景

長島有里枝(ながしま・ゆりえ)
1973年東京生まれ。93年、自らの家族を撮ったシリーズが注目を集め、「URBANART #2」展でパルコ賞を受賞。95年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。98年、文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカ合衆国に留学。99年、California Institute of the Artsファインアート科写真専攻修士課程修了。2001年、蜷川実花、HIROMIXとならび第26回木村伊兵衛写真賞受賞。10年、『背中の記憶』で講談社エッセイ賞受賞。15年、武蔵大学人文科学研究科博士前期課程修了。17年、東京都写真美術館で大規模な個展「長島有里枝 そしてひとつまみの皮肉と、愛を少々。」が開催された。

 竹村京
4 竹村京《Playing Cards in mirrors》 5 竹村京《修復されたY.N.のコーヒーカップ》 2018年
6 竹村京《Between Tree, Ghost has come》 2011年 [撮影:木暮伸也]
4 《Playing Cards in Mirrors》 2013-19年 [撮影:木暮伸也]
5 《修復されたY.N.のコーヒーカップ》 2018年
6 《Between Tree, Ghost has come》 2011年 [撮影:木暮伸也]

竹村京(たけむら・けい)
1975年東京生まれ。98年、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2002年、東京藝術大学美術研究科修士課程絵画専攻(油画)修了。04年ベルリン芸術大学(ローター・バウムガルテン研究室)卒業。04-07年文化庁芸術家在外研修員。その後15年までベルリンを拠点に活動。06年、第15回シドニー・ビエンナーレ、08年「アーティスト・ファイル2008-現代の作家たち」(国立新美術館)出品。近年の個展に、16年「なんか空から降ってくるよ」(タカ・イシイギャラリー 東京)、18年「どの瞬間が一番ワクワクする?」(ポーラ美術館 アトリウムギャラリー、箱根)がある。現在高崎在住。
 
会  期  2019年7月13日[土]-9月1日[日]
 午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日  月曜日(ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
会  場  群馬県立近代美術館 展示室 1
観 覧 料  一般:610(480)円、大高生:300(240)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館、まえといま実行委員会
助  成  公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 野村財団
特別協賛  有限会社 高橋農園
協  賛  株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン
協  力  EBENSPERGER RHOMBERG、MAHO KUBOTA GALLERY、
 Taka Ishii Gallery、Wooson Gallery
関連事業
  • オープニング・パフォーマンス
     竹村京「Curtain for Opening」
     7月13日(土) 14:30~
     ゲスト・パフォーマー: 安藤洋子(ダンサー)
     会場:当館1階 ギャラリー [観覧無料・申込不要]

  • アーティスト・トーク 長島有里枝×竹村京
     8月25日(日) 14:00~15:30
     会場:当館2階 講堂
     定員:200名(先着順) [聴講無料・申込不要]

  • 学芸員による作品解説会
     開催日時:7月24日(水)、8月10日(土)
     各日14:00~15:00 [要観覧料・申込不要]
     >>詳しくはこちらをご覧ください

  • ワークショップ
     1.竹村京「あなたの大事な、壊れてしまったものについて」
     8月4日(日) 13:00~16:00
     対象:小学4年生~一般
     2.長島有里枝「拾ったもの、大切なものを日光写真に撮ろう」
     8月18日(日) 13:00~16:00
     対象:小学生~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
     会場:当館2階 アトリエ
     定員:各20名 [参加無料・要申込]
     >>詳しくはこちらをご覧ください

コレクション展示


日本と西洋の近代美術 I
■展示室2 4/20[土]-9/1[日]
当館の所蔵作品より、印象派から20世紀前半の西洋近代絵画、群馬ゆかりの作家や明治から昭和を代表する作家たちによる日本近代洋画ならびに彫刻を展示します。
>>出品作品リスト(PDF216KB)
room2


現代の美術 II
■展示室3 7/13[土]-9/1[日]
多彩な表現による20世紀後半以降の美術を紹介します。オノデラユキ、石内都、片山真理ら国際的に活躍している作家の写真作品。現代アートの代表的な存在であるダミアン・ハーストや草間彌生の作品などを展示します。
>>出品作品リスト(PDF684KB)
room2


近現代日本の木版画
■展示室4 7/13[土]-9/1[日]
浮世絵に代表される日本の木版画の伝統は、近代以降さまざまに展開しました。今回は、所蔵の木版画より、川瀬巴水、恩地孝四郞、藤牧義夫、関野凖一郎ら木版画の可能性を広げた個性豊かな作家の作品をご紹介します。
>>出品作品リスト(PDF363KB)
room4


[特別展示]  Monolog in the Doom 佃 弘樹
■展示室5 7/13[土]-12/16[月]
佃弘樹(1978-)は、映画「マッドマックス」(1979-1985)や「ブレードランナー」(1982)などで描かれた「事後の世界」から多大な影響を受け、ドローイングや写真の集積を組み合わせたデジタルコラージュという技法でパラレルワールドの仮想現実を表現し、発表してきました。現代社会の閉塞感を対比的に俯瞰する佃の作品は、世界中で多くの共感を呼び起こしています。本展では、東京、ニューヨーク、ベルリンなどグローバルなアートシーンで作品を発表し続ける佃弘樹の「現在」を紹介します。
>>詳しくはこちらをご覧ください
5
佃 弘樹《19XX》 作家蔵


描かれた人々
■展示室7 8/6[火]-9/1[日]
日本の絵画は西洋の影響を受けて、特に明治を境に大きく変化しました。人物はどのように描かれたのか、日本の近世から近代までの人物表現に着目します。
>>出品作品リスト(PDF208KB)
7