群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
トップページ >> 展示 >> 開催中の展示
展 示
 - 開催中の展示
矢印 企画展示
矢印 コレクション展示

企画展示

くまのパディントンTM

 あの、紳士な子グマが
 ロンドンから群馬の森へやって来る!

  このくまのめんどうをみてやってください

 物語の主人公であり、
 イギリスのアイコン的存在、
 そして映画スターでもある
 パディントンは、世界で最も
 人気のある児童文学作品の
 キャラクターのひとつです。

『パディントン』シリーズの挿絵
  ペギー・フォートナム画
『くまのパディントン』の挿絵原画、1958年
Illustrated by Peggy Fortnum
© Paddington and Company Ltd 2019
 

イギリスを代表する児童文学「パディントン」シリーズは、1958年、作家マイケル・ボンド氏によって誕生しました。その後、40以上の言語に翻訳・出版されるとともに、絵本・アニメ・映画やぬいぐるみなど幅広い分野で展開され、世界中で愛され続けています。 主人公は南米ペルーからひとりでイギリスにやってきた子グマ。ロンドンのパディントン駅でブラウン夫妻に出会ったことから、パディントンと名付けられ家族として迎えられます。ダッフルコートに帽子をかぶったお茶目で紳士なこの子グマが、様々な騒動を巻き起こしながら街の人気者になっていく物語です。 児童書シリーズの挿絵でおなじみのペギー・フォートナムをはじめ、各作家による絵本や漫画の原画、世界中で出版された書籍、さらには生みの親であるボンド氏の仕事道具や貴重なインタビュー映像などを通して、パディントンの世界を紹介します。

1 第1巻『くまのパディントン』 2 アイバー・ウッド画 商品化のためのアイデア画
3 フレッド・バンベリー画 絵本『パディントンのかいもの』の原画
4 デイビッド・マッキー画 
絵本 Paddington at the Palace 5 R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画
1 第1巻『くまのパディントン』
  マイケル・ボンド作/松岡享子訳 /ペギー・フォートナム画、1967年初版
  福音館書店
2 アイバー・ウッド画 商品化のためのアイデア画、1970年代後半
  Illustrated by Ivor Wood © Paddington and Company Ltd 2019
3 フレッド・バンベリー画 絵本『パディントンのかいもの』の原画、1973年
  Illustrated by Fred Banbery © Estate of Fred Banbery/HarperCollins 2019
4 デイビッド・マッキー画
  絵本 Paddington at the Palace (パディントンと宮殿)の原画
  Illustrated by David Mckee © David Mckee/HarperCollins 2019
5 R.W.アリー画 絵本『クマのパディントン』の原画、2007年
  Illustrated by R.W. Alley Illustrations copyright © R.W. Alley 2019   
 
会  期  2019年4月20日[土]-6月23日[日]
 午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日  月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日
会  場  群馬県立近代美術館 展示室 1
観 覧 料  一般:820(650)円、大高生:410(320)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館、毎日新聞社
協  賛  ニューカラー写真印刷
後  援  ブリティッシュ・カウンシル
協  力  コピーライツアジア、(公財)東京子ども図書館、福音館書店、
 理論社、WAVE出版、日本航空
監  修  松岡享子(東京子ども図書館名誉理事長)
学術協力  三宅興子(梅花女子大学名誉教授)
 河野芳英(大東文化大学教授)
関連事業
  • 記念講演会
    「パディントン―思いがけないことと出会うたのしみ」
     講 師:松岡享子氏
        (本展監修者、東京子ども図書館名誉理事長)
     開催日時:5月11日(土) 14:00~15:30 
     会 場:当館2階講堂
     定 員:先着200名
     要当日観覧券(中学生以下は不要)
     ※当日午前11時より整理券を配布します。

  • パディントンと写真を撮ろう!
     開催日時:5月5日(日)、5月6日(月・休)
     11:00~/14:00~
     先着各20組
     ※各回開始1時間前から整理券を配布します。

  • パディントンを読む!!
     開催日時:5月19日(日) 11:00~12:00、
          6月2日(日) 14:00~15:00
     会 場:当館2階講堂
     申込不要、参加無料
     協力:NPO法人「時をつむぐ会」

  • 学芸員による作品解説会
     開催日時:5月22日(水)、6月8日(土) 14:00~15:00
     会 場:展示室1
     申込不要、要観覧料

コレクション展示


日本と西洋の近代美術 I
■展示室2 4/20[土]-9/1[日]
当館の所蔵作品より、印象派から20世紀前半の西洋近代絵画、群馬ゆかりの作家や明治から昭和を代表する作家たちによる日本近代洋画ならびに彫刻を展示します。
>>出品作品リスト(PDF216KB)
room2


現代の美術 I
■展示室3 4/20[土]-6/23[日]
当館所蔵のコレクションの中から、多彩な表現を生み出した20世紀後半以降の美術を紹介します。
>>出品作品リスト(PDF226KB)
room2


繊維の森 ファイバーアート
■展示室4 4/20[土]-6/23[日]
当館のコレクションより、糸や繊維を素材とした現代造形作品を展示します。
>>出品作品リスト(PDF417KB)
room4
徳重惠美子《無題》


特集 80年代の川俣正
■展示室5 4/20[土]-6/23[日]
「第40回ヴェネツィア・ビエンナーレ」(1982年)やドイツ、カッセルの「ドクメンタ8」(1987年)をはじめ、80年代に川俣正が世界各地で行ってきたプロジェクトを、プラン・モデル(マケット)やレリーフ状のドローイングにより紹介します。
>>出品作品リスト(PDF169KB)
room5
川俣正《ヴェネツィア・ビエンナーレ、プラン・モデル》 1982-86年 寄託作品


平成31年度新収蔵作品より マリノ・マリーニ
■展示室 6 4/20[土]-9/1[日]
当館では、平成30年度、油彩7点、素描28点、版画27点、彫刻6点、合計68点の作品を寄贈により新たに収蔵しました。今回はそのなかから、マリノ・マリーニの油彩1点、彫刻2点をご紹介します。
マリノ・マリーニ
マリノ・マリーニ《座る水浴する人》 1935年 医療法人社団 白水会 理事長 須田昭夫氏寄贈


也無の系譜
■展示室7 5/21[火]-6/23[日]
戸方庵井上コレクションの墨蹟、中峰明本、一山一寧、近衛信尹、後陽成天皇、烏丸光広、中院通村といった、元の禅僧から応仁の乱世にいたる書、そしてその根底にそこはかと感じられる「虚無」について、建築家白井晟一の書《也無》の解釈を中心に展観します。
>>出品作品リスト(PDF214KB)
room7