群馬県立近代美術館

             
 企画・特別展示

>>展覧会スケジュール


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| サイトマップ |

企画・特別展示

群馬の美術2017
─地域社会における現代美術の居場所



群馬県内では、今、それぞれの地域に根ざした継続的な美術活動を目指す動きが多く見られます。こうした状況は今になって突然発生したわけではなく、背景には美術を取り巻く社会環境の変化や、過去の様々な活動の積み重ねがあります。
この展覧会は、現在の群馬における現代美術の状況を検証しようとするものです。そのためにまず1980年代までさかのぼり、資料によって過去から現在へとつながる現代美術の水脈をたどることを試みます。そしてまさに今、県内で活発な活動を展開している現代美術作家15人をとりあげ、平面、立体、インスタレーション、パフォーマンスなど多彩な表現を紹介します。
これらの作家たちが群馬という日本の一地方に拠点を構える理由は様々ですが、それぞれの制作活動を通して、地方における現代美術の可能性、あるいは地域社会と現代美術との関わり方を考えてみたいと思います。


白川昌生 《Tomoko & Light》 2014年 
[撮影 : 木暮伸也]
みねお あやまぐち 
《色の差異 towada 2012》 2012年


田畑信之 『CAPITAL』より 2003年
Nobuyuki Tabata

  小野田賢三 《Traces》 2015年


木暮伸也 《添景》 2017年
三輪洸旗
《白のチューリップ》《黄のチューリップ》
2017年
 
八木隆行 《B3 project 赤城》 2017年
[撮影 : 毛利聰]
大日向基子「桐生再演15」でのパフォーマンス(桐生大学短期大学部学生との共演)
2009年



喜多村徹雄
《compasses −混沌と秩序のなかで−》
2009年

  村田峰紀 《ドロー》 2013年
[撮影 : 木暮伸也/写真提供 : アーツ前橋]
カナイサワコ 《ghost mountain》 2017年
[撮影 : 木暮伸也]
ましもゆき《浮雲》 2015年
[撮影 : 岡野圭]


榎本浩子《あたらしい朝がきた》 2016年

寺村サチコ 《彼女が消える夜(上)》 2015年


村上 早 《息もできない》 2014年
 

会  期  2017年4月22日[土]−6月25日[日]
 午前9時30分−午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日  月曜日(5月1日は開館)
会  場  群馬県立近代美術館 展示室 1
観 覧 料  一般:820(650)円、大高生:410(320)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館
関連事業
  • シリーズ座談会 *聴講無料/申込不要
     4月30日(日)、5月13日(土)、5月21日(日)、6月4日(日)
  • パフォーマンス
    村田峰紀「drawing 22/04/2017」 
    4月22日(土) 13:30−  *要観覧料/申込不要

    大日向基子「白い人たち」(桐生大学短期大学部学生との共演)
    4月22日(土) 14:30−/5月7日(日) 14:00−  *観覧無料/申込不要
  • 学芸員による作品解説会  *要当日観覧券/申込不要
     5月17日(水)、6月10日(土)  各日14:00−15:00
連携イベント
  • 白川昌生企画「春の木馬祭り」
    日 時 : 4月29日(土・祝) 11:00−13:00
    会 場 : 大蓮寺〜前橋公園
  • 小野田賢三企画「フルテン!」
    日 時 : 6月9日(金) 19:00−20:30(入場18:00−)
    会 場 : 群馬音楽センター ホール舞台上
     >>詳しくはこちらをご覧ください
 

群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma