群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
トップページ >> 展示 >> 次回の展示
展 示
 - 次回の展示
矢印 特別展示
矢印 公募展
矢印 コレクション展示

特別展示

線とメルヘン 南桂子と銅版画家たち
 展覧会ちらし
メルヘン(Märchen)とはドイツ語で、古くから伝えられてきた民話やおとぎ話を指します。誰もが子どもの頃にふれた童話のように、どこか懐かしく、そして少し寂しい、メルヘン的な叙情性を持つ銅版画で知られるのが南桂子(1911~2004)です。南桂子は現在の富山県高岡市に生まれ、38歳の時に版画家の浜口陽三と出会ったことで版画制作を始めます。浜口と共にフランスへ、後にアメリカへ渡り、多色刷り銅版画の制作、発表を続けました。細い描線による少女、鳥、木や城などのモチーフが紡ぎ出すその独特の世界は、子どものような純真さと遠い国への憧れに満ち、私たちの心に過ぎ去った日々の優しい記憶を呼び起こしてくれます。
この展示では、群馬県立館林美術館が235点所蔵する南桂子作品のコレクションより、約60点を紹介します。あわせて群馬県立近代美術館の所蔵作品から、他の作家たちによる銅版画約20点を展示します。線による繊細な描写が創り上げる幻想的で詩情豊かなイメージをお愉しみください。
1樹と6羽の飛ぶ鳥 2花と蝶
3シャルル・メリヨン《海軍省》 4ヘンリー・ムーア『羊連作』より《羊の頭》
5長谷川 潔《花瓶に挿したコクリコと種草》 6渡邊榮一《青い球の構成・道化師の物語》
1.南 桂子《街と6羽の飛ぶ鳥》 1963年 エッチング、ソフトグランドエッチング、スピットバイト、サンドペーパー・紙
 群馬県立館林美術館蔵
2.南 桂子《花と蝶》 1969年 エッチング、サンドペーパー・紙 群馬県立館林美術館蔵
3.シャルル・メリヨン《海軍省》 1866年 エッチング・紙 群馬県立近代美術館蔵
4.ヘンリー・ムーア『羊連作』より《羊の頭》 1974年 エッチング、ドライポイント・紙 群馬県立近代美術館蔵
5.長谷川 潔《花瓶に挿したコクリコと種草》 1937年 エングレーヴィング・紙 群馬県立近代美術館蔵
6.渡邊榮一《青い球の構成・道化師の物語》 1971年 エッチング・紙 群馬県立近代美術館蔵


会  期  2021年7月10日[土]-8月22日[日]
 午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日  月曜日(ただし8月9日、16日は開館)、8月10日(火)
会  場  群馬県立近代美術館 展示室 1
観 覧 料  一般:300(240)円、大高生:150(120)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館
関連事業
  • 学芸員による作品解説会
    開催日 : 7月14日(水)、8月8日(日)
    各日とも14:00-15:00
    会 場 : 2F講堂
    定 員 : 70名 ※申込不要・要観覧料
  • 南 桂子の童話の時間 協力:NPO法人「時をつむぐ会」
    会期中会場内で、南桂子が創作した童話の朗読を行います。
  • こども+おとな+夏の美術館
    7月22日(木)~8月22日(日)
    >詳しくはこちらをご覧ください。

公募展

群馬青年ビエンナーレ2021
 群馬青年ビエンナーレ2021ポスター
群馬青年ビエンナーレは、当館で隔年に開催している、次世代を担う若い世代を対象とした公募展です。15回目となる今回も、ジャンルを問わず、意欲的な作品を全国から広く募集しました。
現代美術の第一線で活躍されているアーティスト、キュレーターの方々による審査をへて、入選・入賞作品を2021年7月17日から展示室でご紹介します。今回は応募数318組(321名)による459点の応募作品のなかから、50名による50点の作品が入選しました。若いアーティストたちの可能性を秘めた作品をぜひお楽しみください。
>>群馬青年ビエンナーレ2021入選者リスト(PDF)
会  期  2021年7月17日[土]-8月22日[日]
 午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日  月曜日(ただし8月9日、16日は開館)、8月10日(火)
会  場  群馬県立近代美術館 展示室 3、4、5
観 覧 料  一般:300(240)円、大高生:150(120)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館
同時開催 「線のメルヘン 南桂子と銅版画家たち」

コレクション展示


日本と西洋の近代美術 II
■展示室2 7/3[土]-8/22[日]
当館収蔵作品より、19世紀後半の印象派から20世紀前半のエコール・ド・パリまでの西洋近代美術と、明治から昭和の日本を代表する作家や群馬ゆかりの作家たちによる日本近代洋画をご紹介します。また今回は、パブロ・ピカソ《ゲルニカ(タピスリ)》を、およそ1年ぶりに公開します。
20世紀の巨匠ピカソが生涯に制作した作品は数万点ともいわれていますが、その中でも代表作とされるのが《ゲルニカ》(1937年 油彩・カンヴァス 国立ソフィア王妃芸術センター、マドリード)です。1937年4月26日、スペイン内戦に介入したナチス・ドイツは、スペイン北部バスク地方の古都ゲルニカを無差別爆撃し、罪なき多くの人々の命を奪いました。母国におけるこの暴挙に激しい怒りを覚えたピカソは、その直後に開催が迫っていたパリ万博のスペイン館壁画として、わずか1ヶ月あまりの間に大作《ゲルニカ》を描き上げました。
当館は、この《ゲルニカ》を原画としてピカソ自身の指示に基づきほぼ原寸大で織られた《ゲルニカ(タピスリ)》3点のうちの1点を収蔵しています。《ゲルニカ》と前後して制作され、内容やモチーフの上で密接な関係がある2枚組の版画《フランコの夢と嘘》や、同じく第二次世界大戦中のヨーロッパで制作されたミロやフォートリエの版画作品とあわせて、ぜひこの機会にご覧ください。
7


生誕100年 塩原友子 紙の命・線の力
■展示室7 7/3[土]-8/22[日]
群馬県前橋市出身の日本画家、塩原友子(1921-2018)は、日本の風土や美意識によって培われてきた線や色彩を重視しながら、幾何学的な画面構成やコラージュの表現を取り入れるなど様々な技法や画題を試み、伝統的な日本画の枠組みにとらわれない独自の世界を確立しました。
今回は塩原の生誕100年を記念して、写実を基にした初期の人物画から、様々な紙を貼り付けて組み合わせるコラージュや凹凸をこすって写しとる版画のような技法を用いた実験的作品、そして絵具を削って生み出した線によって故郷の山々をダイナミックにとらえた屏風まで、その多彩な表現を当館所蔵作品によってご紹介します。
7