展示詳細

鬼頭健吾  Migration ”回遊”

現在ベルリンを拠点に活動する鬼頭健吾は、フラフープやパラソル、スカーフなどの既製品を大量に繋ぎ合わせた、大規模なインスタレーションで知られています。絡まり合って遺伝情報を伝える染色体、あるいはインターネットのウェブのように限りなく増殖するシステムを思わせるその作品は、展示空間を超えて無限の広がりを感じさせます。
私たちの知覚は、世界の全体をとらえることはできません。鬼頭はその一部を切り取って提示することで、私たちの想像力を導き出すのです。
今回ご紹介するのは、カラフルなアクリル板が差し込まれたポストカードスタンドを展示室に点在させるインスタレーション《active galaxy》です。ランダムに回転するポストカードスタンドの間を回遊する私たちは、アクリル板が反射する光、透過する光の乱舞に取り囲まれます。 2013年オランダで初めて発表されたこの作品は、2014年6月のガトーフェスタ ハラダ 本社ギャラリー(高崎)での展示を経て、今回さらなる進化を見せることでしょう。
本展は、東京と高崎の3会場で同時開催される3つの個展の一つに位置づけられます。それぞれの会場を巡り、鬼頭健吾が見せる様々な表現をお楽しみください。

会期
2015年1月24日(土)から3月22日(日)
午前9時30分から午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日
毎月曜日(休日の場合はその翌日)
会場
群馬県立近代美術館 展示室5
観覧料
一般:300(240)円、大高生:150(120)円 
注:かっこ内は20名以上の団体割引料金
注:中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催
群馬県立近代美術館/上毛新聞社
助成
公益財団法人五島記念文化財団
協賛
ガトーフェスタ ハラダ
協力
ケンジタキギャラリー/rin art association
関連事業
鬼頭健吾×MADLICK トーク&ライブ
学芸員による作品解説会
関連展示
本展のほか東京、高崎の2会場で鬼頭健吾の個展が同時開催
Reflection “反映”
2015年1月16日(金)から2月28日(土)
12:00から19:00[日・月・祝休み 入場無料]
ケンジタキギャラリー/東京
Symbiosis “共生”
2015年1月24日(土)から2月12日(木)
10:00から19:00[会期中無休 入場無料]
ガトーフェスタ ハラダ 本社ギャラリー