展示詳細

こどもとおとなの美術入門 「いととぬの」

この夏の「こどもとおとなの美術入門」のテーマは「いととぬの」。糸や布は私たちの生活に一日だって欠かすことができないものです。朝洗った顔をふくタオルから、夜寝る時にもぐりこむおふとんまで、私たちはいつも糸や布に取り囲まれて暮らしています。
この展覧会では、私たちにとても身近な、そんな素材から作られた現代の美術作品をご紹介します。糸から編み出された自由な形、織ったり染めたりした布から作られた立体、皺をよせたり、ゆるやかなカーブを描く布の表情を活かした作品・・・。同じような材料を使っても、思いもつかない多様な作品を創りあげる作家たちの発想や手法は、きっと新鮮な驚きを与えてくれることでしょう。
この展覧会で作品を見て、そして素材に触れて、その親しみやすい、暖かな魅力を十分に感じてみてください。

出品作家:上野真知子/川井由夏/ささだるい/眞田岳彦/千葉祥子/椿 操/新田恭子/渡辺信子

会期
2003年7月19日(土)から9月15日(月・祝)
午前9時30分から午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日
毎月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)、ただし8月11日(月)は開館
会場
群馬県立近代美術館 展示室2・6・7
観覧料
一般:400(320)円、大高生:200(160)円 
注:内は20名以上の団体割引料金
注:中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催
群馬県立近代美術館