展示詳細

日常の変貌

今回の『日常の変貌』展で紹介するのは、目をそむけたくなるほど、日本的で、土着性が強い作品でありながら、日本独特の風土的湿潤さを払拭し、どこか乾いた清々しささえ感じさせる会田誠、身近な記憶の断片をたどりながら、独自の内省的世界を構成していく大谷有花、倒錯的な肖像のなかに、表象性と性差が入り混じる作品を発表している鷹野隆大、そして、 さりげない風景の中に、欲望と懐疑というイメージを喚起させる平川典俊、という4人の作家です。現代を常に挑発しつづけていく彼らの作品と、現代日本の美術と日常の関係を検証していきます。

会期
2004年2月28日(土)から4月11日(日)
午前9時30分から午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休館日
毎月曜日
会場
群馬県立近代美術館 展示室3・4・5
観覧料
一般:500(400)円、大高生:250(200)円 
注:かっこ内は20名以上の団体割引料金
注:中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催
群馬県立近代美術館
協賛
プロラボ・フェニックス
関連事業
アーティスト・トーク