群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

日本近代美術コレクション

安田靫彦
1884-1978 (明治17-昭和53)

 現在の東京都中央区日本橋の料亭「百尺」の3代目安田松五郎の四男として生まれる。本名は新三郎。13歳で下村観山、横山大観らの作品に触れ、画家を志す、1898年、大和絵の小堀鞆音(ともと)に入門、鞆音の師川崎千虎(せんこ)から靫彦の号を与えられる。同門の仲間と研究グループ紫紅(しこう)会(のちの紅児(こうじ)会)を結成。初期院展に第1回展より出品、文展の新旧両派の抗争時には新派の国画玉成会を組織した。また、1914年の日本美術院の再興にあたっては、同人として参加し、以後院展を中心に活動した。大和絵を基礎とし、古典の追求による新しい感覚の歴史画は、院展の主流となった。44年から51年まで東京美術学校教授を務め、48年文化勲章を受章した。大磯で死去。

役優婆塞