群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English
近代美術館について
 - 友の会・ボランティア
近代美術館友の会 ミュージアム・コンサート
~音楽で描く“サラ・ベルナールの世界”~

9月15日[土]~11月11日[日]に群馬県立近代美術館で開催される「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」に合わせて、1910年製のエラールピアノでサラ・ベルナールの世界を描く記念のコンサートを行います。 本年は、日仏友好160周年・ドビュッシー没後100年でもあることから、前半は、ドビュッシーなどの作品を中心に、後半は、サラ・ベルナールの出演の舞台と演技に感動して生まれたオペラアリアをお届けするなど、名曲の数々をお楽しみいただきます。
 >>友の会ミュージアム・コンサートちらし(PDF 712KB)
  • 開催日時:2018年9月22日(土) 13時30分~14時30分
  • 会 場:群馬県立近代美術館 エントランスホール
  • 演奏者:澤田まゆみ(ピアノ) 永井美加(ソプラノ)
  • 企 画:ピアノプラザ群馬コンサート事業部

  □プログラム
  E.サティ:ジムノペディ第1番
  C.ドビュッシー:ピアノのために
  C.ドビュッシー:金色の魚
  G.ヴェルディ:オペラ『椿姫』より~不思議だわ・・・花から花へ
  G.プッチーニ:オペラ『トスカ』より~歌に生き 愛に生き~ など
  ※演奏者の都合により、曲目が変更される場合があります。
  予めご了承ください。

  □演奏者プロフィール

澤田まゆみ
澤田まゆみ
高崎市出身。東京藝術大学およびドイツ・リューベック音楽大学卒業。東京藝術大学大学院修了。NDR3(北ドイツ放送)、NHK-FM等出演の他、パリにてショパン没後150年記念リサイタルなど各地の音楽祭で演奏。2001年よりシリーズ「演奏・展示・お話による音楽会」を開催(全10回)。第4回上毛芸術文化賞を受賞。2012年より「my favorites シリーズ」リサイタルの他、「ドビュッシーと音楽散歩」にてドビュッシーのピアノ作品全曲演奏に取り組んでいる。新島学園短期大学教授、高崎経済大学附属高等学校非常勤講師。(公社)日本演奏連盟会員。CDに『曼珠沙華~山田耕筰 ヴァイオリンとピアノのための作品』、『夢の世界/子供の領分』、『菅原明朗 器楽作品集』他がある。
ホームページ http://sawadamayumi.com


永井美加
永井美加
高崎市出身。国立音楽大学卒業。イタリア・カターニアにおけるArte Musicale Italianaのマスタークラスにおいて、ベッリーニ歌劇場副音楽監督のL.カタラノット氏に師事、氏よりディプロマを授与される。 県内外の演奏活動の他、オペラ「蝶々夫人」「椿姫」「トスカ」(ハイライト)「アイーダ」(ハイライト)等に出演。また、2012年には、高崎シティギャラリーコアホールにてリサイタルを開催。2015年群馬交響楽団70周年記念オペラ「蝶々夫人」に出演。一昨年には、高崎白衣大観音建立80周年記念式典コンサートに出演。また昨年10月には、高崎市主催で榛名文化会館(エコール)でリサイタルを開催、好評を博す。群馬音楽協会、群馬オペラ協会会員。
公式サイトwww.utaite.com/mika/

  □今回使用のピアノ 1910年パリ製 エラール

1910年パリ製エラール
フランスの三大ピアノの筆頭と位置付けられるエラールは、ピアノの歴史のみならず、音楽史にも影響を与える重要なメーカーです。その創業は18世紀にまでさかのぼり、有名なブルボン王朝の王妃マリー・アントワネット御用達となり、19世紀に世界最高の名声を得ました。エラールを使用した歴史的な音楽家には、ベートーヴェン、ショパン、リスト、サン=サーンス、ラヴェル等、枚挙に暇がありません。このピアノは1910年に製造されたモデルNo,0と呼ばれ、鍵盤は象牙・黒檀の85鍵、外装には、厳選された最高級のブラジリアン・ローズウッド材が用いられ、美術品と言える仕上げになっています。


TOPへ