群馬県立近代美術館

             
過去の展覧会

> トップ


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| 教育普及活動 |
| サイトマップ |

過去の展覧会/平成26年度

1974 第1部   1974年に生まれて

群馬県立近代美術館は、1974(昭和49)年10月17日、県立公園「群馬の森」内に開館しました。開館40周年を記念し、「1974」年をテーマにした展覧会を、二部構成で夏と秋に連続開催します。
第1部では、当館と同じ1974年に生まれた作家、すなわち2014年に40歳を迎える作家によるグループ展を開催します。1974年には当館のほか千葉県立美術館や北九州市立美術館が開館し、以後1980年代にかけて地方美術館が次々と建設される「美術館の時代」が幕を開けました。1974年生まれの作家たちは、それまでと較べて美術館をより身近に感じて育った世代といえるでしょう。彼らにとって美術館とはどういう存在であったのでしょうか。そして当館は開館当時から現在までにどのように進化し、何を残すことができているのでしょうか。
本展では1974年に生まれた現在活躍中の作家から、絵画、映像、写真、インスタレーションなど、表現方法の異なる6人の作家を紹介いたします。自身が登場する映像などで物事の持つ意味や認識を揺るがす作品を制作する小林耕平、パズルをモチーフにした絵画などで建築や展示条件を反映させる表現を行う末永史尚、日常のものごとへの最小限の介入をほどこした映像作品などを展開する土屋貴哉、極端にオーバーやアンダーの露出で撮影した写真により、不思議な情景を表現する春木麻衣子、徹底した写実表現にこだわった絵画制作を行う水野暁、日用品をナフタリンでかたどったオブジェなどにより時を視覚化する作品を制作する宮永愛子。当館や作家自身の40年を巡るこの6人の表現により、「1974」年から始まった美術館と作家の物語をお伝えします。



会  期  平成26年6月28日(土)→8月24日(日)
 午前9時30分−午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
休 館 日 毎月曜日(7/21、8/11は開館)、7/22(火)
会  場 群馬県立近代美術館 展示室1
観 覧 料  一般:610(480)円、大高生:300(240)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館/上毛新聞社
協  力  ARTISTS' GUILD 
関連事業
  • アーティスト・トーク
  • ワークショップ
  • 学芸員による作品解説会



群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma