群馬県立近代美術館

             
過去の展覧会

> トップ


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| 教育普及活動 |
| サイトマップ |

過去の展覧会/平成14年度

アンジェ美術館展 ―巨匠たちの奏でる《雅な宴》

アンジェは、フランス中西部ロワール川流域地方の中心に位置し、14世紀に織られた美しく壮大な《黙示録》のタピスリーで知られます。アンジェ美術館は、アンジェの貴族ピエール=ルイ・エヴェイヤール・ド・リヴォワ侯爵(1736-90)が蒐集した絵画コレクションを核として、1801年に創設されました。その後フランス政府からの寄託作品や、コレクター、アンジェゆかりの作家らによる様々な寄贈と遺贈を受けながら、豊かな美術コレクションを築き上げてきました。
本展は、アンジェ美術館のコレクションより、17世紀から19世紀にかけてのヨーロッパ美術の名品を絵画と彫刻約80点によって紹介するものです。その中心となるのは、フラゴナール、グルーズ、シャルダンに代表される、18世紀フランスの優美なロココ美術です。なかでも、貴族たちが戸外で集う光景を描いた、ワトーとその周辺の画家たちによる「雅宴画(フェット・ギャラント)」は、典雅な音楽にもたとえられ、夢と現実が一つに響き合う美しく詩的な世界をつくりあげています。
さらにジロデ、ジェラール、アングルなど、18世紀末から19世紀にかけての巨匠たちや、アンジェに関わりの深い画家、彫刻家の作品、あるいはロレンツォ・リッピやティエポロ、カノーヴァの作品をおさめたイタリア芸術、17世紀北方絵画なども含まれる、多様な出品内容となっています。アンジェ美術館のコレクションを日本初公開する本展は、200年の歴史を誇るコレクションの精華を通してヨーロッパ美術の大きな流れを展観できるまたとない機会となるでしょう。


会  期  平成4月20日(土)→6月2日(日)
 午前9時30分−午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)
  5月中の土曜日と6月1日(土)は午後7時まで開館
休 館 日   4月22日(月)、5月7日(火)、13日(月)、20日(月)、27日(月)
会  場  群馬県立近代美術館 展示室3・4・5
観 覧 料  一般:1,000(800)円、大高生:500(400)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主  催  群馬県立近代美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
関連事業
  • 記念講演会
  • 学芸員による作品解説会



群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma