群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

日本近代美術コレクション

安井曾太郎
1888-1955(明治21-昭和30)

 京都の木綿問屋の五男に生まれる。浅井忠の率いる聖護院洋画研究所(後に関西美術院となる)に入門。1907年、津田青楓とともに渡仏。はじめアカデミー・ジュリアンでジャン=ポール・ローランスに学んだが、後に自由な研究に入る。滞仏中セザンヌに強く影響を受け、14年に帰国して翌年の第2回二科展に特別出品、その会期中二科会会員となる。10年近い模索期を経て、やがて肖像画の分野で安井様式と呼ばれる独特の表現を獲得。風景画や静物画にも力作を生む。35年、帝展の松田改組により帝国美術院会員に任命され、翌年、同志と一水会を創立。44年より52年まで東京美術学校(51年より東京芸術大学)教授。52年、梅原龍三郎とともに文化勲章受章。湯河原の自宅で死去。

足を洗う女