群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

日本近代美術コレクション

牛島憲之
1990-1997(明治33-平成9)

 熊本市に生まれる。1922年東京美術学校西洋画科に入学、岡田三郎助教室に在籍する。校外での写生に熱中し、また歌舞伎や古典芸能に親しむ。27年、東京美術学校を卒業、同年第8回帝展に初入選。芝居やサーカスの光景から、働く人々を風景のなかに輝かしい色彩で描写する作品に転じる。35年第4回東光会展に《貝焼場》他を出品、K氏奨励賞を受賞する。46年《炎昼》により第2回日展で特選。49年立軌会を結成、会員の研究、制作を奨励する。不思議な光と誇張された形態による幻想的な風景を制作する一方で、水門やタンク、倉庫など戦後の日本経済の成長を予見する都市風景を厳格な画面構成と微妙な色調で描出する。54年東京藝術大学講師に就任、68年同大学教授を退官。69年芸術選奨文部大臣賞受賞、82年文化功労者に選ばれ、83年文化勲章を受章。

五月の水門