群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

日本近代美術コレクション

岡鹿之助
1898-1978(明治31-昭和53)

 東京麻布に劇評家の岡鬼太郎の長男として生まれる。1924年、東京美術学校卒業後、1年後輩の南城一夫とともに渡仏。藤田嗣治に師事し、新印象主義のスーラの描法を学び、絵具を混色しない点描風のタッチを修得。39年、帰国。春陽会の会員に迎えられ、春陽展をはじめとして、国際形象展や現代日本美術展などを舞台に作品を発表。垂直線と水平線を基本とした安定感のある構図で、古城やパンジーなどをモチーフにした独自の画風を展開。52年芸能選奨文部大臣賞、57年毎日美術賞、64年日本芸術院賞など、数々の賞に輝き、69年日本芸術院会員、72年文化勲章を受章。第55回春陽会展に出品した《段丘》(当館寄託作品)を最後に東京で死去。

花と廃墟