群馬県立近代美術館

             
 コレクション

> トップ
>
海外近代美術
>>ルドン


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| 教育普及活動 |
| サイトマップ |

コレクション

海外近代美術コレクション

オディロン・ルドン
Odilon REDON,1840-1916
オディロン・ルドン《聖セバスティアヌス》


《聖セバスティアヌス》
Saint Sebastian

1910頃
パステル・紙
66.7×53.7cm

 1910年代にルドンは聖セバスティアヌス像を油彩、パステル、水彩等の様々な技法によって描いている。聖セバスティアヌスは、伝承によれば3世紀後半にガリア地方のナルボンヌに生まれ、ローマ皇帝ディオクレティアヌス帝の親衛隊の士官となった。密かにキリスト教に改宗していたことが発覚して、弓矢による死刑が命ぜられた。このとき寡婦イレーネとその侍女とされる聖女たちに手当てを受けて回復したが、再び皇帝の異教信仰を非難したため、撲殺され、殉教したという。
 ルドンの聖セバスティアヌス像の多くは、周囲に広がる風景にのみこまれてしまいそうに小さく、そこにルドン独自の人間的スケールをはるかに凌駕する神秘的な存在としての自然観が反映されている。また、ルドンが初期から執拗に描き続けたモティーフである樹は、人間が分かちがたく自然に根ざした存在であることを示唆する。さらに本作品において赤い矢羽は、足もとに描かれた白い花のような形態とあいまって、聖人の体から噴き出した血が花に変容したかに見える。瀕死の聖セバスティアヌスは、樹木に生命を注ぎ込み、朽ちた後に、再びよみがえる存在としての人間の象徴なのであろうか。本作品と構図の似たプーシキン美術館所蔵の神話的な裸婦像(1908)には《再生》という題名が付されている。


群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma