群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

海外近代美術コレクション

カミ-ユ・ピサロ
Camille PISSARRO, 1830-1903

 デンマーク領西インド諸島セント・トマス島でフランス系ユダヤ人家庭に生まれる。パリで中等教育を受け、1847年セント・トマスに戻り、画家を志し55年再びパリに赴く。エコール・デ・ボザールに入学、59年にコローの影響を受けた戸外制作による風景画でサロンに初入選する。アカデミー・シュイスで知り合ったモネらと印象主義の画法を確立、74-86年にかけて8回の印象派展の全てに出品し、グループの要となる。66年からパリ近郊のポントワーズに住み、農村風景やそこに働く人々を、筆触分割による光の表現と緻密で堅固な構図によって描き出す。若い世代の画家たちの試みにも関心を示し、セザンヌ、ゴーガン、スーラなどとも親交を結び、80年代の終わりには一時新印象主義の点描画法を取り入れる。90年代末にはパリに戻り、視力の低下に悩みながらも窓からパリの街並みを描いて独特の俯瞰構図による都市風景連作を残した。パリにて歿する。

エラニーの教会と農園