群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

本県ゆかりの作家たち

横堀角次郎
1897-1978(明治30-昭和53) 

 群馬県勢多郡大胡町(現前橋市)に生まれる。1914年、旧制前橋中学から東京・芝の正則中学に転校。そこで、山形から転校してきた椿貞雄と知り合い、椿の案内で岸田劉生を訪ねる。1915年、劉生が審査員を務める巽画会第15回展に初出品し、3等賞銅牌を受ける。同年、草土社第1回展に出品し、草土社の創立同人11名中に名を連ねた。以後、最後の第9回展まで欠かさず出品を続けた。1923年の春陽会第1回展に出品、春陽会賞を首席で受賞。同年の関東大震災で劉生が京都に移住し、草土社が自然消滅した後も春陽会に出品し続け、1930年同会会員となる。1941年、同郷の日本画家礒部草丘、鋳金家森村酉三らと群馬美術協会の結成に尽力。平明な自然描写の中に作者の暖かな人柄を滲ませる作風で、多くの人に愛されるなか、東京で死去。