群馬県立近代美術館

             
 コレクション

> トップ
>
本県ゆかりの作家たち


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| 教育普及活動 |
| サイトマップ |

コレクション

本県ゆかりの作家たち


山口薫
1907-68(明治40−昭和43)

群馬県の榛名山麓の村、箕輪(現箕郷町)に、11人兄弟の末子として生まれる、1930年に東京美術学校を卒業してから3年間フランスに留学。帰国後は滞仏時代の友人である村井正誠、矢橋六郎らと新時代洋画展、自由美術家協会展、モダンアート協会展を次々と結成し、そこを拠点に日本におけるモダンアート運動の中心的な存在として作品を発表し続けた。抽象と具象の微妙に溶け合ったモダンな造形の中に叙情と幻想を湛えた心象風景を描いた作品は、サンパウロ・ビエンナーレ展やヴェネツィア・ビエンナーレ展などにも出品され、国内ばかりではなく、海外でも高い評価を受けている。58年、第2回グッゲンハイム賞国内賞、59年毎日美術賞、60年芸術選奨文部大臣賞などを次々と受賞。52年からは東京芸術大学で教鞭をとり、多くの作家を育てた。68年、東京で死去。


群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma