群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

本県ゆかりの作家たち
オノサト・トシノブ
1912-86(明治45-昭和61) 
 長野県飯田市に中学校教師の長男として生まれる。本名、小野里利信(1949年よりカタカナ表記を用いる)。22年父親の転勤により、群馬県桐生市に移る。31年、津田青楓洋画塾に入る。35年、二科展に初入選するとともに、長谷川三郎の影響のもと、清野恒、野原隆平らと前衛美術団体、黒色洋画会を結成。37年、自由美術家協会の創立に参加。40年、《黒白の丸》に代表される構成主義的な作品を発表したが応召。戦後、シベリアに抑留され、48年まで制作中断を余儀なくされる。復員後、55年頃から幾何学的な構成による作風を示し始め、60年代に入り次第に絢爛たる錯視的空間を作り出す特異な画面に到達した。63年、第7回日本国際美術展で《相似》が最優秀賞受賞。62年、64年のヴェネツィア・ビエンナーレに出品するなど海外でも活躍。桐生の自宅で死去。