群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

本県ゆかりの作家たち

南城一夫
1900-86(明治33-昭和61) 

 前橋市に生まれる。1918年、旧制前橋中学を卒業して上京、岡田三郎助の主宰する本郷絵画研究所で絵を学び、同所で岡鹿之助、伊藤廉と知り合う。20年、東京美術学校西洋画科入学。24年、岡と共に渡仏。戦争により帰国を余儀なくされる37年まで滞仏。ロジェ・ビッシェール、アンドレ・ロートなどに学ぶ。39年、中学からの友人であった横堀角次郎に勧められて春陽会に出品。翌年、会友となる。戦後の一時期、日本国際美術展や現代日本美術展などにも出品したが、春陽会を主な発表の場として活動。66年、銀座・兜屋画廊での個展、77年、銀座・松坂屋で回顧展、81年、群馬県立近代美術館での「南城一夫展」がある。前橋の借家を離れることがほとんどなく、晩年安中に転居して死去。