群馬県立近代美術館

             
 コレクション

> トップ
>
本県ゆかりの作家たち


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| 教育普及活動 |
| サイトマップ |

コレクション

本県ゆかりの作家たち


小室翠雲
1874-1945(明治7-昭和20)

栃木県館林町(現群馬県館林市)に小室牧三郎の長男として生まれる。本名貞次郎。1889年に足利に住む田崎草雲に入門。南画を学ぶ。98年上京、日本美術協会展等に出品し受賞を重ねる。1908年第2回文展出品以後、同展を中心に活躍し、14年第8回文展より審査委員を務めた。明治の半ばより「つくね芋山水」と非難されフェノロサの排撃にあった南画の復権と、社会的地位の向上をめざした。そのあらわれとして広い展覧会会場にあって充分に鑑賞に耐え得る大作を発表し、さらに、日本南画院に参加するなど組織的な活動を積極的に行った。42年、南画鑑賞会を設立し雑誌『南画鑑賞』を刊行。戦時体制下、41年には日本と中国、満州国南画壇の交流と統一を目的に大東南宗院を設立するなど、その組織的展開の拡充をはかった。44年、帝室技芸員となる。翌年東京で死去。


群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma