群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

本県ゆかりの作家たち
岸浪百艸居
1889-1952(明治22-昭和27) 
群馬県邑楽郡館林町(現館林市)に生まれる。本名定司。父は草雲門下の南画家岸浪柳溪。1905年小室翠雲に入門。「静山」と名乗る。18年第12回文展に初入選。23年世田谷へ転居。多くの草花が植えられた敷地内の茶室を百艸庵と名付け、のち号を百艸居と改めた。25年第4回日本南画院展に入選。33年日本南画院同人となる。その間、22年には中国、29年には欧米諸国を外遊した。戦後は随筆集『魚に會ふ』等の著作を刊行。51年《魚類図鑑海魚の部》を昭和天皇に献上する。