群馬県立近代美術館

             
 コレクション

> トップ
>
本県ゆかりの作家たち


|
美術館について|
| 利用案内 |
| 交通案内 |
| 教育普及活動 |
| サイトマップ |

コレクション

本県ゆかりの作家たち


礒部草丘
1897-1967(明治30-昭和42)

群馬県佐波郡宮郷村(現伊勢崎市)に生まれる。本名覚太。1915年前橋中学を卒業後、入隊したり教員を務めたりしたが、19年に上京、叔父で東京帝国大学教授の美学者大塚保治の紹介もあって、日本画家川合玉堂の門に入った。はじめ眠潮と号する。24年第5回帝展に初入選。一時健康を害し、房総で俳句に親しみながら療養、その生活は、後の戊辰会展、帝展出品作へと結実してゆく。健康を回復した27年、児玉希望らとともに玉堂門下による戊辰会を結成、精力的に力作を発表。帝展でも34年第15回帝展では特選を受賞している。自然の景観を心象風景に高めて表現した初期作品は、帝展の中で独自の位置を占めた。戦後は個展を中心に作品を発表。57年には俳句集『氷炭』を刊行した。


群馬県立近代美術館:群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
TEL:027-346-5560 / FAX:027-346-4064
All Rights Reserved, Copyright © The Museum of Modern Art, Gunma