群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

本県ゆかりの作家たち

福沢一郎
1898-1992(明治31-平成4) 

群馬県富岡町(現富岡市)に生まれる。旧制第二高等学校(現東北大学)英法科を卒業後、東京帝国大学(現東京大学)文学部に入学するが、次第に大学から遠ざかり、朝倉文夫に師事して彫刻を学ぶ。1924年から31年まで渡欧。滞欧中、彫刻から絵画へ転向。シュルレアリスムの影響を受けて帰国。30年に結成された独立美術協会を舞台に、シュルレアリスムの画風による前衛絵画のリーダーとして活躍。39年、美術文化協会を創立してその立場を鮮明にする。戦後は、社会風刺や文明批評を盛り込んだ作風で、歴史や神話、ときには地獄にも想を得て、様々なテーマを様々な表現技法によって追求し続け、大作や連作を発表。91年、文化勲章受章。翌年、東京で死去(享年94歳)。