群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
コレクション
- 主な収蔵作品

現代美術コレクション

岡田謙三 
1902-1982(明治35-昭和57)

 横浜で貿易商を営む岡田家の三男に生まれる。1922年、東京美術学校西洋画科に入学するが、2年後にパリに渡っっsり美術学校を中退。パリで出会った海老原喜之助の「絵はつくるものだよ」という忠告を胸に、27年、帰国。29年、第16回二科展に初入選。柔らかな色彩による風俗的な人物像で二科会を舞台に活躍。50年、これまで築いたものを捨て、夫人とともに渡米し作風を抽象に転じる。数年の苦闘を経て、53年、ポロックやロスコを世に送り出したニューヨークのベティ・パーソンズ画廊で個展。その芸術は、「幽玄」と通じる「ユーゲニズム」の名で呼ばれ、以後数々の賞に輝く。58年、第29回ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として出品。以後、日本とアメリカを行き来し、60年、アメリカの市民権を獲得。82年、東京自由が丘の自宅で倒れ、死去。

ダブル・ランドスケープ