群馬県立近代美術館
 サイトマップ   English 
トップページ >> イベント/教育普及事業 >> アート・イベント >> 「まえ と いま」関連イベント 
イベント/教育普及事業

 - アート・イベント

「まえ と いま」 関連イベント

オープニング・パフォーマンス
竹村京「Curtain for Opening」



展覧会初日、出品作家の竹村京が、世界的に活躍するダンサー、安藤洋子とともに展示作品を使ったパフォーマンスを行い、皆様をお迎えします。
どのようなコラボレーションが繰り広げられるか、どうぞご期待ください。
>>終了しました

7月13日(土) 14:30~
ゲスト・パフォーマー:安藤洋子(ダンサー)
会場:当館1階ギャラリー
※観覧無料・申込不要


安藤洋子/YOKO ANDO
横浜生まれ。木佐貫邦子師事。97年よりソロダンサーとして活動を開始。98年 演出家の野田秀樹が主催するNODA MAP公演「ローリング・ストーン」、99年 小澤征爾(Seiji Ozawa)指揮、ロベール・ルパージュ(Robert Lepage)演出によるサイトウキネンオーケストラのオペラ「ファウストの劫罰(La Damnation de Faust)」。坂本龍一(Ryuichi Sakamoto)オペラ「LIFE」に出演。 2001年、世界的振付家ウィリアム・フォーサイスの目にとまり、アジア人として初めてフランクフルト・バレエ団 (05年よりThe Forsythe Company)に入団。 15年間ドイツに在住し、カンパニーの中心的ダンサーとして世界各国で踊る。 その傍ら自身のダンスプロジェクト、自作自演のソロ公演、アーティストとコラボレーションをするなど個人としても精力的に活動。 現代美術家の杉本博司(Hiroshi Sugimoto)の展覧会「アートの起源/Origins Of Art」(2010)、平川典俊 (Noritoshi Hirakawa)のインスタレーション作品「Beyond the sunbeam through trees」(2011) 、建築家の田根剛が空間構成を務めた「新井淳一の布 伝統と創生」(2013)、ヌーメン/フォーユース展『テープトーキョー』(2013)、陶芸家 葉山有樹 展覧会「mutability」(2018) 、釘町彰の個展「Erewhon」、デザイナー皆川明 mina perhonenのパリコレクションに演出&ダンサーとして参加するなど、幅広く活躍。 テクノロジーとダンスの分野では、2011年 山口情報芸術センター (Yamaguchi Center for Arts and Media)に招かれ、新作インスタレーション「Reacting Space for Dividual Behavior」を発表。 この出会いから、YCAM InterLab との共同研究開発がスタートし、第一線で活躍する日米のソフトウェア開発者とYCAM InterLab と共に、メディアテクノロジーを使ったダンスの創作と教育のためのツールを共同研究開発し、シンポジウムや公演、レクチャーなど積極的に取り組んでいる。 現在、日本とNYを拠点に、自己の身体表現を模索するとともに、経験を生かした芸術教育にも力を注いでいる。


 

アーティスト・トーク 長島有里枝×竹村京
子、孫、妻、母と、世代に応じて女性としての様々な役割を引き受けながらアーティストとして第一線で活躍を続ける出品作家の二人が、今回の展覧会のテーマ、出品作品に込めた思いなどを語ります。

8月25日(日) 14:00~15:30
会場:当館2階 講堂
定員:200名(先着順)
※聴講無料・申込不要

学芸員による作品解説会
7月24日(水)、8月10日(土)
各日14:00~15:00
※要観覧料・申込不要



TOPへ




プレスリリースリンク県立公園群馬の森(外部リンク)著作権/サイトポリシー携帯用サイト